新患のお問い合わせ随時受付中 新患は予約制、午前再診は予約外も受付 学校・家族・育児・夫婦の悩みなど幅広く対応

011-737-8676
受診のご相談
診察時間

診療科目

札幌の心療内科はさっぽろ麻生メンタルクリニック

社交不安障害

社交不安障害(social anxiety disorder:SAD)は、以前はまれな病気との認識でしたが、疫学調査では3~13%という高い生涯有病率であることがわかり、さらに社会生活における障害も大きいことが明らかになっています。
他人の注目を浴びるかもしれない社会的な状況に対して、持続的な恐怖を抱き、自分が恥をかいたり、恥ずかしい思いをするような行動することを恐れる状態を指します。すなわち、他人と話したり、他人の前で行動することで恥ずかしい思いをするのではないかと非常に心配になるため、毎日の生活や仕事に支障が生じていることが多いです。そのため、そのような状況を避けようとし、どうしてもそのような状況に身を置かざるを得ないときは、非常に強い苦痛を感じることになります。

苦手な状況では、声が震えたり、顔が引きつる、手が震えて書字がうまくできないなどが見られ、また不安に伴う生理的反応として、紅潮、動悸、震え、発汗、胃腸の不快感、下痢などが見られやすくなります。

 

治療

薬物療法と精神療法があります。
日本で社交不安障害に使用できる薬物はパロキセチン、フルボキサミンでともにSSRIといわれる抗うつ薬です。これらのSSRIは効果が出現するまでに時間を要するので、効果発現までに抗不安薬を併用することも行います。抗不安薬の使用は漫然と投与するのではなく、一時的な使用が望ましいです。
精神療法を外来の中で進めていきます。おもに心理教育、動機づけ、不安感の扱い方などについて助言をしていきます。

 

札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから

このページの最上部へ このページの最上部へ

Copyright(c)2014 札幌 心療内科札幌 メンタルクリニック 
さっぽろ麻生メンタルクリニック All Rights Reserved.