新患のお問い合わせ随時受付中 新患は予約制、午前再診は予約外も受付 学校・家族・育児・夫婦の悩みなど幅広く対応

011-737-8676
受診のご相談
診察時間

院長の札幌・心療内科ブログ

札幌の心療内科はさっぽろ麻生メンタルクリニック

むずむず足症候群〜不眠の原因〜

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

さっぽろ麻生メンタルクリニック院長の長岡です。

眠れないという主訴で来られる患者さんの中に、就寝時、足がむずむずする、虫が這うような感じがする、痛痒い、脚を動かしていたい、関節がイライラする、うずく、じっとしていられない、叩いていたいなどの訴えの方が時折、いらっしゃいます。

これらの訴えを聞いた時、レストレスレッグス症候群(むずむず足症候群)を疑います。

この病気の特徴として以下の4点が挙げられます。

1.脚を動かしたくてたまらないという衝動と不快感がある

2.安静時に悪化する

3.脚の運動により不快感が軽減ないし消失する

4.夕方から夜にかけて悪化する

 

またむずむず足症候群の有病率は日本では4%程度であり、男性より女性に2倍多いことがわかっています。

また一次性、二次性に分けて考えいきますが、一次性は明らかな原因はわからず遺伝性も考えられるもの、二次性としては、腎不全特に透析時にみられやすいこと、鉄欠乏性貧血があること、パーキンソン病、妊娠時、関節リウマチなどの病気.状態が原因として起こることもあります。

不眠の原因としてこのむずむず足症候群が背景にある場合もあります。

治療として、この場合は眠れないからと睡眠薬を使うよりも、ドパミン作動薬や抗てんかん薬、レグナイトとよばれるむずむず足症候群の薬を使っていきます。

また薬物療法以外に、アルコールやカフェインを控えること、マッサージ、適度な運動、規則正しい生活習慣、過労や睡眠不足を避けることなどが大事と考えられています。

 

さっぽろ麻生メンタルクリニック院長の札幌心療内科ブログ

一覧へ戻る

 

 

札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから札幌 心療内科 さっぽろ麻生メンタルクリニック ご相談・ご予約はこちらから

受診のご相談・お問い合わせ

診療カレンダー

Calendar Loading

赤:休診

休診:第1・3・5土曜、日曜・祝日

さっぽろ麻生メンタルクリニック院長ブログ

さっぽろ麻生メンタルクリニックFacebookページ

このページの最上部へ このページの最上部へ

Copyright(c)2014 札幌 心療内科札幌 メンタルクリニック 
さっぽろ麻生メンタルクリニック All Rights Reserved.